製品紹介

高分子溶解装置

空気輸送方式(T/PADシリーズ)

空気輸送方式高分子自動溶解装置特長

●大型の溶解槽に対しても供給機を下部に設置することで粉体の補充が楽々。
●ドライエアーでの空気輸送のため、トラブルが減ります。
●新設計のセルフシャワリング方式の水膜分散器により抜群の一次分散性を誇ります。
(特許認承取得済)
●貯留ホッパーから供給機への粉体移送にスクリューフィーダを使用し粉体投入口を低く設計。
●タンク材質は、SUS304、FRP、SS400製とバリエーション豊富
●オリエンテーションなど現場にあった装置にカスタマイズが可能

水膜分散器について
セルフシャワリング方式を採用し抜群の一次分散性を発揮し、未溶解・ママコなどのトラブルに絶大なる能力を発揮します。また、粉塵の発生の抑制にもなります。

仕様
型式 T/PAD-2.0 T/PAD-2.5 T/PAD-3.0
溶解能力 (溶解時間1.5H) 2.0m3/hr 2.5m3/hr 3.0m3/hr
溶解槽容量 4m3 溶解槽3000L
   貯留層1000L
5m3 溶解槽4000L
   貯留層1000L
6m3 溶解槽5000L
   貯留層1000L
ホッパー容量 100、200、500L
撹拌機 2.2kW 3.7kW 5.5kW
粉体輸送方式 空気エゼクター方式
使用空気量 0.5MPaG 〜 0.8MPaG(一次圧)× 200NL/min 以上
フィーダー方式 升式テーブルフィーダ方式
フィーダー能力 2.75 〜 13.5kg/hr 2.75 〜 13.5kg/hr 5.5 〜 27kg/hr

フローシート

フローシート

前のページへもどる
ページのTOPへもどる