技術情報

凝集・ろ過について

急速ろ過は、原水に含まれる濁質をろ過材で物理的に除去していますが、濁質の粒子径が細かい場合、ろ過材で除去しにくいため、濁質を凝集剤によってろ過材で除去できる大きさまで凝集させます。水道用で使用される凝集剤には、PACに代表されるアルミニウム系の凝集剤や、塩化鉄に代表される鉄系の凝集剤があります。
凝集は原水に含まれる濁質を電気的に中和させて、大きなフロックを形成させる方法です。一般的には、凝集反応槽で凝集剤を加えて一定時間撹拌し、濁質を十分に大きなフロックに成長させる工程を経てからろ過を行います。
弊社では空隙の大きいアンスラサイトを用いた複層ろ過によって、凝集反応槽を省いてろ過を行う方法を行っています。この方法は「マイクロフロックろ過法」や「凝集ろ過法」などと呼ばれています。

凝集反応槽を設ける処理方法
凝集・ろ過による処理方法

マイクロフロックろ過法

"凝集剤をろ過装置の前で注入し、微細フロック(マイクロフロック)化した後すぐにろ過する方法で、ろ層中の攪拌凝集作用により懸濁物をろ過するようにしたもの"であり、凝集剤の注入率を小さくし、フロック形成の時間を短くするため、形成されたフロックは水和物の量が少なく密実なフロックとなると言われています。

マイクロフロック法

凝集ろ過法

凝集剤の注入後、凝集剤の作用により懸濁物質をろ過材に吸着させる方法です。凝集剤の介在により懸濁物質とろ過材の電位を中和させるというメカニズムが働いていると考えられ、この方法では、濁質同士を凝集させないため、凝集剤の注入率をマイクロフロックろ過法よりも低くすることができる利点があります。しかし、凝集剤を注入してからろ層に達するまでの時間が性能を左右することや吸着した濁質が洗浄で十分剥がれ難いなど、管理が難しいといわれています。

凝集ろ過法

【参考文献】 井手哲夫著 「水処理工学」

前のページへもどる
ページのTOPへもどる