技術情報

pH中和計算

酸系排水 アルカリ液薬注量 アルカリ系排水 酸液薬注量 アルカリ系排水 炭酸ガス薬注量

酸系排水にアルカリを加えてpH7に中和する場合の必要薬注量の計算

苛性ソーダの濃度と比重の関係表

濃度 (%) 1 6 12 20 24 30 36 40 48
比重 1.01 1.06 1.13 1.22 1.26 1.33 1.39 1.43 1.51

入力    
  原水流量(m³/h)  
  原水pH  
  余裕度 ※1  
  薬品名称 苛性ソーダ  
  薬品濃度(%)  
  比重

 

結果  
  薬注量(L/h)
  薬注量(mL/min)

本演算による結果はあくまで参考値であり、中和の是非を保証するものではございません。
実際の薬注量は、サンプル水による中和滴定検査により調査・決定するのが最良です。

※1 余裕度
実際の中和反応では、中和薬品と水中に含まれる成分とで塩の形成が生じる等の理由により、理論通りに中和されることはあまりありません。そのため計算結果に余裕度を乗じたものを薬注量の目安にします。(余裕度:3〜10倍程度)

前のページへもどる
ページのTOPへもどる