浄水場関連情報

アンスラサイト
アンスラサイト
ろ過砂との複層化によりろ過継続時間を大幅に延長し、処理量も増やすことができます。シネドラ等の藻類発生時もろ過閉塞を予防できるため効果的です。弊社のアンスラサイトの原料は水道用として最良のベトナム・ホンゲイ産です。
急速ろ過砂・緩速ろ過砂
急速ろ過砂・緩速ろ過砂
浄水処理の要となるろ過砂はろ過池の心臓部であり確かな品質が求められます。規格外の砂では適切なろ過が行われない可能性があるためご注意下さい。弊社のろ過砂は産地を厳選し、高度な生産技術をもって、品質管理を追求した高品質なろ過砂です。
製品案内 クリプトスポリジウム対策設備 メンテナンス JWWAなどの関連法規
ろ過層調査・設計 急速ろ過複層ろ過化のススメ 各種工事 ろ過池更生工事

メンテナンス

ろ層調査
ろ過池のメンテナンス
付帯工事

ろ層調査

ろ層調査ってなに?どの位の頻度で実施するの?
弊社が推奨するろ層調査として「ろ層厚の高さ測定」、「サンプリング・ろ材分析」、「ろ過砂利の不陸調査」等があります。日本水道協会発行の「水道維持管理指針」には、ろ層の管理として1〜3年に1回実施することが望ましいとしています。

ろ層厚の高さ測定

運転中のろ過池は、 ろ材が少なくなることはないの? ろ層厚の高さ測定
使用中のろ過池では、長年の逆洗で、細かいろ材が流出しろ材量が減少します。ろ層が薄くなると、ろ過の精度が下がり、処理水質悪化の原因となります。
弊社では、ろ層厚の高さ測定を実施し、補砂などの計画に御協力します。

サンプリング ・ろ材分析

ろ材は、永久に使用できるの? サンプリング・ろ材分析
運転中のろ過池では、逆洗を繰り返しても、凝着物により粒径が大きくなったり、取りきれない汚れが蓄積するため永久には使用できまん。
使用中のろ材をサンプリングし、日本水道協会規格の試験方法により篩い分け、洗浄濁度、付着物、凝着物等の試験を行い、劣化度を分析します。

ろ過砂利の不陸調査

ろ過池の中のろ材の状況は確認できるの? ろ過砂利の不陸調査
ろ過砂利の不陸が進行すると、ろ材が処理水側に流出する事故や処理水質悪化の原因になります。不陸調査を実施しろ過砂利の状態を確認します。

調査結果

調査結果はどんなふうにまとめてくれるの?
ろ層厚の高さやろ材分析値を表にし、不陸調査は3Dグラフを利用して視覚的にもわかりやすくまとめ報告します。

ろ層厚の高さ測定 (報告例) ろ材分析 (報告例)
ろ層厚の高さ測定(報告例) ろ材分析(報告例)
ろ過砂利の不陸調査 (報告例)
ろ過砂利の不陸調査(報告例)

各種ろ過装置(スレッドフィルター、アクティファイバー)や覆蓋等の増設のご相談も受け賜ります。
水質分析表からろ過器・ろ過材の選定も可能です。運転上、水質に支障がある場合は相談させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

前のページへもどる
ページのTOPへもどる