製品紹介

ろ過材

アクトリン

アクトリン 湖沼や内湾などの閉鎖性水域に流入するリンは、富栄養化を引き起こす原因物質として、その除去対策が急がれています。その一方でリンは植物の栄養素として必要・不可欠であり、リン資源の枯渇が叫ばれている中で、ますます貴重な資源となっております。こうした状況にあって、リンの除去技術としては凝集沈殿法が一般的ですが、大量の汚泥が発生し、また回収も困難を伴います。
 これらの欠点を解決したのがトーケミの新しいリン吸着剤【アクトリン】です。アクトリンはリン吸着能力が高く、リンの再生・再資源化を可能とした、時代の要請に適した吸着剤です。

特長

●共存イオンの影響が少なく、リン酸を選択的に吸着します。
●吸着容量が大きく、低濃度域から高濃度域まで幅広い範囲で使用できます。
●吸着剤は再生が可能であり、有価物としてリンの回収が可能です。
●汚泥の発生がありません。
●pH中性以上で吸着能力が高く、実用的です。

用途

●観察池、観察魚用水槽の浄化 ●浄化槽 ●各種廃水処理

アクトリンの吸着能力

リン吸着剤【アクトリン】はMg2+、Al3+、Cl-、OH-およびH2Oからなる不溶性鉱物性物質です。
構造としては、Mg2+、Al3+およびH2Oからなる基本層にH2O、Cl-からなる中間層がはさまれたサンドイッチ状をなしています。
Cl-は他の陰イオンとのイオン交換が可能であり、特にPO43-に対して高い親和性を有しております。

アクトリンの構造図

【アクトリン】とPO43-(排水)が接触すると、中間層のCl-が選択的にPO43-と置換します。
この繰り返しにより【アクトリン】は排水中のPO43-を除去していきます。

置換モデル

アクトリンの標準製品
製品名 タイプA タイプB
粒度 1.0〜2.5mm 0.4〜1.5mm
見掛密度 0.74g/cm3 0.92g/cm3
pHと吸着性 pH5以上で吸着量85%以上であり、中性付近で高い吸着能力を示します。
通水速度 SV2〜5h-1

包装単位:30L入 PE袋 ※ご要望によりパレット積みもいたします。

アクトリンの適用例

●修景池・河川・浄化槽などのリン除去に最適。
●アオコなどの藍藻類や緑藻類の植物性プランクトンは、リン濃度が0.015〜0.02mg/l以上になると、発生する傾向にあります。

アクトリンの適用例      

前のページへもどる
ページのTOPへもどる