製品紹介

マグネットポンプ

ご使用上の注意

下記液温・周囲温度内でご使用ください。
シリーズ名 TS (M) -P TS-V TSM-E/TSL
液温 0〜60℃ 0〜70℃ 0〜80℃
周囲温度 0〜40℃

※ただし凍結しないこと。
※液温は使用する薬液によって異なります。

スラリー液は原則的に取扱い不可です。

マグネットポンプは原則的にスラリー液の取り扱いはできません。

空運転はしないでください。

ポンプ内部の軸受けは使用する液体によって冷却及び潤滑作用を得ています。空運転を行いますと軸受部の温度上昇をまねき、軸受部のクラック等、損傷につながります。止むを得ず回転方向確認等のため、運転を行う場合にはポンプケーシング内にコップいっぱい程度の少量の水を入れてから行ってください。空運転を行ってしまった場合にはただちに運転を停止し、水などを入れず自然冷却し、再運転には少なくとも1時間以上の間隔をあけてください。

自吸はできません。

原則的に押込配管にてご使用願います。
また、吸込側の配管はキャビテーションを防止するため、口径にあった出来るだけ短いものとしてください。

前のページへもどる
ページのTOPへもどる