製品紹介

ケミカルポンプ

MP-L(電磁駆動式定量ポンプ)


MP-Lシリーズ特長

●パルス入力、アナログ入力の両方を標準内蔵した高機能型。
●強酸の移送も可能な高耐食PVDF接液部(標準タイプ)
●次亜塩素酸等自動エア抜き機構専用接液部(ノンガスロックタイプ)

MP-L30P(標準タイプ)
●高耐食樹脂(PVDF)ヘッド採用
●高い吐出圧力にも対応
●各種制御信号に対応
●手動エア抜き機構

MP-L30N(ノンガスロックタイプ)
●信頼の気泡排出機構
●高い吐出圧力にも対応
●各種制御信号に対応
●接液部内の液体の動きが見えるアクリルヘッド採用

マニュアル運転モード機能説明

マニュアル運転モード
ポンプ本体操作ボタンによる運転/停止操作、およびストローク数(1〜180spm)の設定を行います。
信号線(コントロールケーブル)を利用し、外部から運転/停止の信号による操作も可能です。
(リモートON/OFF 機能)

デジタル入力(パルス)運転モード
外部からのパルス信号に連動してポンプストローク回数を自動でコントロール。
pH 制御、残塩制御、流量計信号などに比例して薬注するポンプとして機能します。
通常は入力1 パルスに対してポンプのストローク数も1 パルス(同期)ですが、以下モードの設定も行えます。

倍率設定:パルス入力の数に対してポンプのストロークパルス数を増やす場合
  ※ 入力された入力パルス回数を記憶しポンプ動作を行うメモリ機能あり(ON/OFF 設定可能)
分周設定:パルス入力の数に対して、ポンプのストロークパルス数を減らす場合

設定例


アナログ入力運転モード
外部からのアナログ信号に連動して、ストローク数制御を比例で行います。

アナログ入力運転モード"


標準付属品
 ・ホース 3m ・チャッキ弁 ・フート弁 ・外部コントロールケーブル 2m ・M5 取付ボルト、ナット x2 本
 ・取扱説明書

型式・仕様
型式 標準仕様 最大吐出圧時 ストローク数
(spm)
保護構造 消費電力
(W)
最大
電流値(A)
動作周囲
温度(℃)
質量
(kg)
吐出量
(mL/min)
吐出圧
(MPa)
吐出量
(mL/min)
吐出圧
(MPa)
MP-L30P 41 0.8 35 1.6 0〜180 IP65 17 3.6 〜45 約2.9
MP-L30N 29 0.5 23 1.6

接液部仕様
部品名/組合わせ 30P 30N
ポンプヘッド PVDF アクリル
弁体 PVDF PVC
弁座 PVDF 特殊フッ素ゴム
チャッキボール セラミック
バルブスプリング - ハステロイC
ガスケット PTFE 特殊フッ素ゴム
Oリング PTFE 特殊フッ素ゴム
ダイヤフラム 接液面PTFE (背面EPDM)

前のページへもどる
ページのTOPへもどる