製品紹介

ケミカルポンプ

安全弁・背圧弁及びサイフォン防止弁

安全弁
ポンプの吐出側配管弁の開け忘れ、又は何らかの原因で吐出側配管が閉塞された状態でポンプ運転に入った場合、締切り運転になり、エアーチャンバー・ポンプ・配管などの破損に至ります。安全弁はこの破損を防止する弁で設定圧力で開きます。凍結対策を十分配慮してください。

背圧弁
ポンプの吐出側と吸込側との差圧が少ないと配管内の脈動流により、オーバーフィーディング(過量吐出)現象が発生します。背圧弁はこの現象を防止する弁です。吐出側に背圧を掛けることにより、ポンプのチャッキボールの締まりが良くなり、吐出量は安定します。

サイフォン防止弁
ポンプの吸込側より吐出側の方が圧力が低い場合、液は自然流出してしまいます。その自然流出を防止するための弁です。

MPシリーズ型番説明
(a) (b) (c) -   - (a) (b) (c) - (a) (b)
[1]   [2]   [3]   [4]

[1] 型式 (a) R:安全弁 B:背圧弁 S:サイフォン防止弁
(b) D:ダイヤフラム直圧式 B:ボール式 C:コーン式 Z:その他
(c) N:成型品 S:ストレート型
[2] 本体外形寸法  
[3] 材質 (a) 本体下部
(b) 本体上部
(c) ダイヤフラム
[3] 材質記号 V:PVC F:FKM N:ハイパロン P:PP Z:その他 H:HPVC
4:SUS 304 6:SUS 316 9:SUS 316L
[4] 接続 (a) H:ホース N:Rcメネジ、Rオネジ F:フランジ(JIS 10K) Z:その他
(b) 呼称口径

仕様/外形寸法図      

前のページへもどる
ページのTOPへもどる