製品紹介

ケミカルポンプ

CMKシリーズ(定量ポンプストローク長制御方式コントロールモーター)

CMKシリーズ(定量ポンプストローク長制御方式コントロールモーター)特長

従来、各種液の注入制御において、ダイヤフラム式、プランジャー式等の各種定量ポンプによる手動設定注入が用いられてきました。近年では、精度の高い注入制御の必要性から比例制御による薬液注入の需要が増大し、濁度及び流量に対するフィードフォワード制御、残留塩素及びpHに対するフィードバック制御などの比例制御が増えています。弊社におきましても、ストローク調整方式による比例制御用薬液注入定量ポンプCMK型を開発し発展させてまいりました。

※弊社のスプリングバック方式によるダイヤフラム式定量ポンプを総称してCM型と呼んでいます。この1連型のCMポンプの手動流量調整機構部にコントロールモーターを取り付け、自動ストローク調整を可能にしたものをCMK型と称しております。

対応機種
●CM-2Y〜120Y、CM-4R〜6R、CM-1L〜3L
回転数制御との2元制御方式対応可能
●VSモーターやインバーター制御器を用いた回転数制御との併用により、流量・濃度比例2元制御や流量の可動レンジを大きくとることができます。

仕様
コントロールモーター呼称 K-4
コントロールモーター型式 MCH-1C
手動設定機構 有り
サーボモーター型式 ブレーキ付リバーシブルコンデンサーモーター
電圧・周波数 AC 100V 50/60Hz
出力 8W
定格回転数 1450/1200rpm(60/50Hz)
フィードバック抵抗 200Ω 1.5W
動作時間 49/58 SEC(60/50Hz)
動作角度 0〜300°
周囲温度条件 -20〜+60℃
保護構造 屋外防水構造
塗装色 マンセル 2.5PB 2.5/7
質量 5kg

コントロールモーター回路図
比例調節計及びポジショナーブロック図
コントロールモーター回路図 比例調節計及びポジショナーブロック図

※ご注文の際には、下記の項目をご連絡ください。

型式 使用ポンプ型式 使用液 電源 接続 その他
CMK4 CM-○○Y/R/L 名称、濃度、温度、液比重、粘度 ○○○V、○φ、○○Hz ホース or フランジ 特記事項

正転/逆転を頻繁に繰り返す場合には、リバーシブルモーターの焼損を防止するために、回路上にツインタイマーを設置する必要があります。ご用命の際は、担当営業にお問い合わせください。

外形寸法図      

前のページへもどる
ページのTOPへもどる