製品紹介

二酸化塩素発生装置

二酸化塩素について >>

CDLシリーズ(ClO2発生量:0-120g/h)

ベロゾン(CDL)特徴

少量用途の経済的な発生装置
●亜塩素酸ナトリウム7.5%と塩酸9%を用いる“2液法”
●シンプルな機能性により、低コストかつ信頼性の高い発生制御性を実現
●低濃度での発生(2000mg/L、CDLb6は1000mg/L)のため、高い安全性を実現
●二酸化塩素溶液は内臓の貯蔵槽で一時保管後連続送液
●二酸化塩素溶液は貯蔵槽で安定しており、断続的な用途にも対応
●測定ベッセルを用いた計量・ソウエキにより、定量ポンプの校正が不要

※CDLシリーズの仕様表はこちら >>

CDVシリーズ(ClO2発生量:1-2000g/h)

ベロゾン(CDV)特徴

シンプルで安全な中量用途の発生装置
●亜塩素酸ナトリウム7.5%と塩酸9%を用いる“2液法”
●発生量のバリュエーションが多く、様々な用途に対応
●多彩な内部/外部制御によって二酸化塩素を発生させて利用可
●キャリブレーションキット(オプション)により、運転時での薬注量確認・校正が可能

※CDVシリーズの仕様表はこちら >>

CDKシリーズ(ClO2発生量:8-12000g/h)

ベロゾン(CDK)特徴

最大12000g/hを連続的に発生される大量用途の装置
●亜塩素酸ナトリウム24%と塩酸30-38%を用いる“2液法”
●発生量のバリュエーションが多く、様々な用途に対応
●多彩な内部/外部制御によって二酸化塩素を発生させて利用可
●キャリブレーションキット(オプション)により、運転時での薬注量確認・校正が可能

CDKシリーズの仕様表はこちら >>

二酸化塩素水濃度監視装置(ダルコメーター+専用センサー)

二酸化塩素水濃度監視装置特徴

●2種類の測定レンジから選択可能(0.02〜2mg/L,0.1〜10mg/L)
●上下限警報 or 電磁弁リレー出力
●SDカードによるデータログ機能付(DACaシリーズ)

計器・センサー類の詳細はこちら >>

前のページへもどる
ページのTOPへもどる