製品紹介

水質指示調節計(ダルコメーターシリーズ)

ダルコメーター ダルコテストセンサー センサーアクセサリー・ホルダー ダルコターブC (濁度計)
過酢酸濃度管理 組合せ方法    

ダルコメーター

水質指示調節計(ダルコメーター)特長

プロミネントのダルコメーターは、工業用から食品用のプロセス水制御、飲料水やプールの水質維持管理など、あらゆるフィールドで活躍しています。伝統のプロミネント定量ポンプとの組み合わせにより、システムとして最高のパフォーマンスを発揮します。

pH、ORP、温度、導電率などの水質基準や残留塩素をはじめとする9種類の水中溶存物質の濃度を測定します。
※ダルコテストセンサーはこちら >>

ダルコメーターシリーズにセンサー、センサーホルダー、定量ポンプを用途に応じて組み合わせることで制御盤を必要とせず自動薬液注入ユニッを経済的かつコンパクトに構成することができます。
※組合せ方法はこちら >>

ダルコメーターコンパクト DCCa(1項目表示型水質指示調節計)

測定項目、機能を絞ったD1C型の廉価版。1項目の水質測定が可能
測定対象項目
pH/ORP、残留塩素、導電率
※ダルコテストセンサーはこちら >>

ダルコメーター D1C(1項目表示型水質指示調節計)

D1C 1台で1項目の水質基準値や濃度の測定が可能
測定対象項目
pH、ORP、温度、残留塩素、二酸化塩素、亜塩素酸、フッ素、オゾン、導電率、過酸化水素、過酢酸、臭素、溶存酸素、電流値0/4-20mA
※ダルコテストセンサーはこちら >>

ダルコメーター DAC(2項目表示型水質指示調節計)

DAC1台で2項目の水質基準値や濃度の測定が可能
データログ機能(本体内SDカード/CSV形式)を搭載
測定対象項目
pH、ORP、温度、残留塩素、二酸化塩素、亜塩素酸、フッ素、オゾン、導電率、過酸化水素、過酢酸、臭素、溶存酸素から任意の2項目
※ダルコテストセンサーはこちら >>

機能

各計器の機能については以下のように表示します。
※ダルコメーターコンパクトは、
※ダルコメーターD1Cは、 DACは、

操作パネル

バックライト付き大型液晶ディスプレー
測定値、目標値、制御状況などを液晶ディスプレーにデジタル表示。
操作パネル
対話式による簡単操作。センサーの校正や目標値の設定などの操作をとても簡単に行うことができます。
英語を始め多くの言語表示で海外での使用にもスムーズに対応。

外形仕様

パネルマウント型
IEC規格のIP54に適合。
制御盤への組み込み用。
壁掛け型
制御盤不要。
IEC規格のIP65に適合。
屋外での使用にも対応。

定量ポンプの制御

ON/OFF運転
測定値が目標値から外れるとポンプを作動(ON)。測定値が目標値に達するとポンプを停止(OFF)。
水質や濃度を一定に保つようにポンプを作動させます。ただし条件によっては薬液の過剰注入などの問題が起こりやすくなります。
比例制御
測定値と目標値の差に応じてポンプの吐出量を調整します。
ON/OFF運転では単純にポンプの作動と停止で薬液の注入を行うためこまかな調整ができず、条件によっては濃度ムラなどの問題が起きやすくなりますが、比例制御の場合は測定値と目標値の差に応じてポンプの吐出量を調整しますので薬液の過剰注入などをある程度までは防止することができます。
比例制御
PID制御
比例制御を行うと薬液の過剰注入などはある程度防止できますが、一過性の処理水の制御や急激な測定値の変動などに対して適切な制御を行うことは困難です。PID制御ではこれらの問題を解決するため比例制御に微分・積分制御を組み合わせて最適な水質制御を実現します。より厳密な水質管理を必要とするアプリケーションに適しています。
PID制御
ポンプの制御
DCCaでは1台のポンプ、D1C型、DAC型では1項目につき2台のポンプ制御が可能です。
ポンプの双方向制御
pH調整用(酸注入ポンプ、アルカリ注入ポンプ)、塩素濃度調整用(塩素注入ポンプ、脱塩素剤注入ポンプ)のようにD1C、DAC1台で1つの測定項目に対して2台のポンプを双方向に制御することができます。
ポーズ機能
処理水の流量不足や循環ポンプの停止など、周辺状況に応じて薬品の注入を停止する必要がある場合、外部接点信号によるポーズ機能でポンプを停止することができます。

出力信号

アナログ信号(0/4 - 20mA)
測定値、補正値、ポンプ制御値からアナログ信号として出力することができます。
DACでは3点の出力が可能です。
警報リレー
下記のような場合、状況に応じてリレー接点信号を出力します。
1. 測定値の上下限警報。
2. 周辺状況の異常。(センサー故障、サンプル水不足、センサーケーブル断線など)
3. システムエラー。(ダルコメーター本体の故障など)
電磁弁リレー
電磁弁を一定の周期で必要時間だけ開閉制御します。

その他

測定値補正機能
測定値に影響する外乱要因を自動的に補正します。
pH測定時の温度補正。
ORP、導電率、過酸化水素、過酢酸、二酸化塩素測定時の温度補正。
遊離残留塩素濃度測定時のpH値による補正。

フロー図 機能一覧表    

前のページへもどる
ページのTOPへもどる