製品紹介

液面計

液面スイッチ(TL型)

特長

ケミカルタンクの上部に取り付け、薬液レベルの確認を行うことができます。
●薬液の補充時期を知らせることで薬液の未注入を防ぐ(渇水の防止)
●ポンプの空運転の防止
取り付けの多様性、低コストです。

原理

フロートの中にマグネットを内蔵させ、ガイドパイプの内部にリードスイッチを固定し、フロートの上・下動により、リードスイッチをON/OFFさせるもので、警報・モーター、電磁弁の制御等に利用していただけます。

液面スイッチ(TL型)

型式・仕様
型式 TL-1
動作の種類 無電圧接点(100V、0.3A)
取付方法 コネクターユニオン(G2)(フランジも可)
構造 防滴型
適合ケーブル外径 (mm) 9.1〜10.5
フロート寸法 φ48×40L
ガイドパイプ外径 φ18
接点構成 3点まで可能
耐圧 0.1 MPaG
使用温度範囲 (℃) 0〜50
用途 多目的
質量 (L=1,200) 約1kg

※ジョイントボックスカバー取付(オプション)

材質

PVC(コネクターユニオン、ジョイントボックス、フロート、ガイドパイプ、フロートストッパー)

接点構成
型式/接点数 1点 2点 3点
(端子番号)
TL-1
接点構成 接点構成 接点構成
(動作方式) HC:液上昇でON、HO:液上昇でOFF、LC:液下降でON、L O:液降下でOFF。
※標準は全部LCになっていますが、別途上記の動作方式 も選定されます。

型式構成

前のページへもどる
ページのTOPへもどる