食品開発展 2013

出展のご案内 出展レポート    

出展レポート

10月9日(水)〜11日(金)に東京ビッグサイトにて開催された「食品開発展2013」に出展しました。弊社ブースにお立ち寄り頂きました皆様、誠にありがとうございます。
今回、初出展となりましたが、おかげさまで多くの方々にご来場いただき、貴重なご意見を頂戴しました。

出展レポート

弊社ブースでは、「水の安全を守る」をテーマに、以下6製群の出展を行いました。

微酸性電解次亜水濃度監視装置

●2チャンネルの水質監視が可能な装置です。
●センサーの組み合わせは多岐に渡ります。
●SDカードを用いたデータ記録、pHによる残留塩素の補正といった各種機能を搭載しています。
●今回は、食品工場・各種施設で広く使用されている「微酸性次亜水」「微酸性電解次亜水」の水質監視用として、pH・残留塩素の同時測定を行う装置を出展しました。

微酸性電解次亜水濃度監視装置

二酸化塩素発生装置(CDLシリーズ)

●全世界でご愛顧頂いているベロゾンシリーズがバージョンアップしました。
●より安全性の高いシステムで二酸化塩素を発生させます。
●今回は、小〜中容量用途向けであるCDLシリーズ(発生量0-120g/h)を出展しました。

二酸化塩素発生装置(CDLシリーズ)

高粘度液移送ポンプ(オルリタDR15シリーズ)

●ゴム片等の異物が発生しない「バルブレス・プランジャー構造ポンプ」です。
●チャッキボール・弁座は使用していません。
●高粘度液専用設計で最大1,000,000mm2/sまでの粘性液対応です。
●欧州ではマヨネーズ、チョコレート、ハム片入りチーズ等の移送用として導入実績がございます。

高粘度液移送ポンプ(オルリタDR15シリーズ)

添加物注入ユニット(シグマサニタリー)

●今回は、電磁流量計からの信号に応じて一定注入率でフレーバーや添加物等をライン注入する装置として出展しました。
●薬注ポンプは欧州サニタリー規格である「EHEDG」認証のポンプヘッドを搭載しています。

添加物注入ユニット(シグマサニタリー)

ダルコメーター薬注セット

●水質調節計、センサー、薬注ポンプ、薬注タンクをセットにしたユニットとなります。

ダルコメーター薬注セット

計器・センサーラインナップ

●多種多様な水質項目測定を実現します。
水質測定・制御項目例
pH、ORP、残留塩素、全塩素、過酸化水素、過酢酸、オゾン、亜塩素酸イオン、臭素、フッ化物イオン、溶存酸素、導電率、濁度
※比例 / PID制御が可能です。

計器・センサーラインナップ


10日(木)には「弱(微)酸性電解水・次亜水の濃度監視〜pHとHOCl(〜100ppm)の連続測定装置〜」というテーマにて、セミナーを開催し、多数の方々に聴講頂きました。聴講者の皆様、誠にありがとうございました。


本展示会での貴重な経験を活かし、より一層、製品ならびにサービスの向上に励む所存です。
今後とも何卒、宜しくお願い申し上げます。
なお、ご来場時の説明等でご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※お問い合わせはこちら >>

前のページへもどる
ページのTOPへもどる